測量の仕事

測量はどんなことをするか?

測量というのは、機器を用いて、物の高さや深さ、また、長さ、広さ、距離といったものを測ることですが、一般には土地に対して、その位置や形状、面積等を計測する場合によく使用されます。計測した情報をもとに、図面を起こすまでを含む場合もあるようです。
測量にはさまざまな方法がありますが、身近なものは現地測量、用地測量といったあたりになります。測量は最近の技術というわけではなく、昔から行われています。例えば、年貢というのは、土地の面積に対して徴収する量が決められるので、その当時から測量が行われていたということがわかります。今でいうところの固定資産税といったところでしょうか。現代と比べるとかなり厳しいものとなっていたようです。
現代の測量ではトータルステーションといわれる機械を使用して、2人で行います。道路で三脚に機械を乗せて作業している様子をみたことがあると思いますが、それが測量です。道路の工事などでよく行われています。また、最近はドローンを使用し、GPSと連動させることで、広範囲の測量を行い、地図を作るといったこともあるようです。

どんなときに測量が必要となるか?

測量は基本的には土地の調査で、その面積などの情報を得るための手段です。ですから、土地の売買や譲渡など、土地に対して何かを行う場合に行うことになります。通常は登記されているのですが、登記されている情報と異なる場合にも測量は必要となります。特に農地などの場合、いい加減な情報がそのままとなっていることも多く、実際の面積と異なっているケースも多くみられるのです。
そもそも、最初の測量で間違っていたり、年月が経過するうちに、境界が変わっていたりということも考えられるのです。

測量機器を扱う山陽測器

測量をするには、測量をお願いするか測量機器が必要となります。測量機器やさまざまな計測機器を扱っているのが、広島にある山陽測器です。山陽測器では各メーカーの測量機器を販売しているだけでなく、中古の販売や買取、また、測量機器等のレンタルも行っているようです。
測量が業務となるのであれば、機器が必要ですが、そうでない場合は、レンタルをするか測量をする会社に依頼することになります。土地の売買等であれば、一時的に必要になるだけですから、山陽測器のような機器のレンタルを行っているところでレンタルするのがよさそうです。特に、山陽測器の場合、レンタルでも取り扱っている機器の種類が豊富で、西日本でもトップクラスとなっているのです。
本社は広島ですが、山口、大阪、東京といったエリアに営業所があるので、広島以外でもレンタルや購入は可能になっているようです。

『関連サイト』▷▷▷株式会社山陽測器 – Buzip 広島の社長.tv